ベトナムホーチミンのショッピングエリアについてご紹介します!

駐在や現地採用で既にベトナムに住まれている方も、ベトナムを観光やビジネスで訪れる方も、日用品の買い出しやお土産の購入などショッピングは大変重要なイベントの1つです。本記事では、ベトナムに住んだ経験を持つ筆者が、ホーチミンでのショッピング事情に関して解説をしていきます。

ベトナムNo1!?Vincomセンター

まず初めに、観光で訪れる方も、ホーチミンに既に住んでいる方にもお勧めしたいのが、Vincomセンターです。
「Vincom」とは、ベトナムで今一番力を伸ばしているグループ企業であり、ショッピングセンターだけのみならず、病院なども展開している巨大な商業グループです。
ホーチミンには、Vincomセンターというショッピングセンターが数件ありますが、その中でも1番お勧めしたいのが、1区にあるドンコイのVincomセンターです。
こちらのショッピングセンターでは、服、食料品、電化製品など様々なものが購入できるのに加え、レストランなども充実しています。
ベトナムでのスターバックス的チェーンコーヒーショップ、ハイランズコーヒーでは、ベトナム伝統のベトナムコーヒーや、フルーツの入った紅茶などが楽しめます。
そのため、観光でベトナムを訪れれた方には、ぜひお勧めしたいです。
他にも、春巻きを取り扱っている「WRAP ROLL(ラップロール)」や日本のビアードパパなどもお店を出しています。Vincomセンターの店舗自体は、非常に大きいビルなので、アクセスもしやすく見つけやすい建物です。

日本クオリティーをいつもそばに!高島屋

次にお勧めをしたいのが、高島屋です。
驚くべきことに、ホーチミンには日本の高島屋が店舗を出しています
ベトナムでも最近高級志向が高まってきており、日本から来たデパートの高島屋がホーチミンに住んでいる日本人のみならず地元のベトナム人にも大変人気を集めています。
高島屋は、一区の中心部に位置しており、日本でもお馴染みの高島屋のロゴがビルに付いているため、大変見つけやすいと思います。
店内には、日本でもお馴染みのクリニーク、M.A.C等のインターナショナルブランドも入っているため、日本と変わらないクオリティーでお買い物が楽しみできます。
またレストランも豊富に入っており、ベーカリーやスイーツショップなどは、とてもレベルが高いです

ふるさとの味が恋しくなったら…日本食マーケット

ホーチミンには、日本食を取り扱っているお店がたくさんあります。
ハノイに住んでいた筆者が、ホーチミンをいろいろな機会で訪れるたびにとても驚いていたのが、ホーチミンには日本のコンビニがオープンしているということです。
ホーチミンの至るところにファミリーマートなどの日本ブランドのコンビニがオープンしており、日本と変わらない変わらないクオリティーでお買い物が楽しめます。
特に、ハノイやダナンに住んでいる人がファミリーマートに行って口をそろえて言うのが、「コンビニのパンがおいしい」ということです。
また、ホーチミンにお住まいの方で日本の食材や調味料を手に入れたい場合は、「アクルヒスーパーマーケット」がお勧めです。
この店は、言わずと知れたジャパニーズタウンであるレタントン通りに位置しており、連日日本食好きのベトナム人や、駐在や現地採用で既にホーチミンに住んでいる日本人が多く訪れます。

元気いっぱい!ベンタイン市場


ベンタイン市場は、ホーチミンで最大のマーケットです。
ベトナムのホーチミンに住む地元の人なら誰でも知っている、活気あふれるローカルマーケットであり、最近は観光で訪れる外国人にも注目されています。
ベンタイン市場では、定価が基本無いため、何かを買うときは必ず交渉事になります。
マーケットでは、日本語が通じる事はまずないと思いますが、電卓などを使って数字で交渉したり、簡単な英語でコミュニケーションをとったりすることが可能です。

お店の人も最近の国際化を受けて、外国人との対応にも慣れているので、あまり心配はありません。
マーケットでは、ベトナム伝統のデザインの施された雑貨や、可愛らしいお皿やカップなどを購入することができます。

そのため、自分用にはもちろんですが、日本に帰るときのお土産などに小物を購入することも可能です。

ベンタイン市場の中には、食事が取れるスペースもあるので、ベトナムのローカルフードや、フレッシュジュースなどを帰りに買って楽しむこともできます。

ただし、全体市場は常に人で溢れているため、バックなどはきっちり閉め、可能であれば体の前部分に持ってきて抱えるようにして歩きましょう。
ベトナムは、治安がかなり良い方なので、あまり心配はないかもしれませんが、人混みではスリなどが発生する可能性もあるため、念のため最新の注意を払っておきましょう。