決定版ベトナムグルメ あなたは何品挑戦できるか おやつ編

ベトナムには食事だけのみならず、おやつの種類も豊富です!ヘルシーなものから最近のトレンディなお菓子など様々です。ベトナムのオフィスで仕事をしていると、ベトナム人メンバーからおやつをすすめられることも多いのではないでしょうか。今回は、ベーシックなものから流行りのおやつまで、さまざまなスナックを紹介します。

フルーツ


ベトナムのおやつとして1番メジャーなのがフルーツです。
ベトナムはその暑い気候からフルーツがよく生産されることで有名です。
特にベトナムで一般的なフルーツと言えば、マンゴーやパイナップル、スイカなどです。
ベトナムの人は路上で売っているカットフルーツを買って、オフィスで仲間と分け合って食べるのが日常的です。
また、気候が暑いことからフルーツを食べる際に、使用などに塩や粉唐辛子につけて食べることが多いです。
日本人にとってマンゴーと言えば、甘くて柔らかいものをイメージしますが、ベトナムで一般的なのはまだ硬くて酸っぱいものが好まれます。
これを塩につけてガリガリと食べるので、はじめはびっくりするかもしれません。

野菜


フルーツと並んで野菜をおやつに食べることも一般的です。
人気なのはきゅうりやニンジンなどです。
ベトナムのきゅうりは暑い気候で育つためあまりしまりがなく、口に含むと東南アジア特有の香りがします。
ベトナムではきゅうりをスティック状に切って、フルーツと同じように塩や唐辛子につけて食べます。
いつも外が暑いので、ハイキングなどをする際に道で売っているキュウリをたべると、日本で食べるよりもずっと美味しく感じます。

チェー(Chè)


ベトナムのおやつと言ってチェーを想像する人も多いのではないでしょうか。
その予想と違わず、チェーはベトナム人にとってのアイコニックなおやつです。
チェーとは、日本語で言う「ぜんざい」であり、豆やフルーツにかき氷を載せてその上からココナッツミルクをかけます。
誕生日やプロジェクト達成した時など、お祝いの時にオフィスで手を頼む人も多く、メンバー同士で集まって注文します。
チェーは豆やフルーツなどを使ったものが多く、たいていは甘い味が多いです。
筆者はチェーが大好きなのですが、ベトナムに住んでいるとメンバーが頻繁に注文するため、ベトナムに移住してからかなり太りました。
いくらチョコレートなどの西洋的なスイーツではないといっても、きちんとカロリーが存在しているので注意しましょう。

ネムチュアザン(Nem chua rán)

チェーと一緒によく注文するのがネムチュアザンです。
ネムチュアザンとは、豚肉でできたソーセージにパン粉をつけて揚げたスナックなのですが、チェーのお店に置いてあるネムチュアザンは、一般的なベトナム春巻きなどとはまた違った料理です。
このフライ状のネムチュアザンを、チリソースにつけて食べるのですが、チェーと一緒に食べると甘さとしょっぱさが交互に楽しめてやみつきになります。
これも弊社の大好きなスナックの1つですが、カロリーがかなり高いので注意しましょう。

ケーキ

伝統的なスイーツが一般的に好まれるベトナムですが、最近は西洋化の影響でケーキもメジャーになってきました。
特に、メンバーの誕生日などの際には、よくケーキを注文して分け合って食べています。
ただし、日本のケーキとベトナムのケーキはクリームが少し違います。
日本のケーキには、一般的に生クリームが使われるのに対し、気温の高いベトナムでは暑い中でも形を保ちやすいバタークリームが主流です。
そのため、ひと口食べるとかなりバターの脂っこさを口の中で感じます。
筆者の経験から、ベトナム人に人気が高かったケーキショップは下記です。

フレッシュガーデン
詳しくはこちら

また、最近では日本人が経営する日本流のケーキ屋さんなども増えてきたので、もし日本人メンバーのお祝い等でケーキを注文する場合は、そういったお店を利用することも1つの手段だといえます。

ただし日本で一般的な生クリームのケーキは、ベトナム人にとってあまり食べなれてない味である可能性があるため、日本に留学していたコミュニケーターなどを除いて、人気が高くないかもしれません。
お互いの価値観や好みを考慮してベストなチョイスをする事が大切です。

バインバオ

最後に紹介したいのはバインバオです。バインバオとは、日本で言ういわゆる肉まんです。
日本のものと同じようにふかふかの白パンの中に、お肉でできた餡が入っています。
餡は豚肉と、刻んだ椎茸、玉ねぎなどで構成されていて、味付けはほんのり醤油の味がします。
日本人の好みに合うものが多く、ついつい買ってしまうストリートフードでもあります。
スナックのみならず、作業が遅くなってしまったときの夜食や、朝ごはんに食べることも多いです。