決定版ベトナムグルメ あなたは何品挑戦できるか おつまみ編

ベトナム人と言えば、友達家族、同僚など集まってパーティーをすることが大好きです。そのため、いろいろな集まりにおいて、ちょっとしたおつまみを楽しめるシーンが多いです。今回は、ベトナム流のつまめる系スナックを紹介していきたいと思います。

ゴイクオン、ネムザン


まずお勧めしたいのが、言わずと知れたベトナム春巻きです。
実は、ベトナムには春巻きが2種類あり、1つがライスペーパーで包んだ生春巻きのゴイクオン(Gỏi cuốn)です。
ゴイクオンは生のライスペーパーでパクチーや茹でたエビ、ニラなどの野菜を巻いたもののため、サラダのような位置づけに近いです。
もう一つが、中華風春巻きと同じように揚げた春巻きのネムザン(Nem rán)です。
こちらのタイプの春巻きは、ライスペーパーで包んでから油にあげため、若干カロリーは高いですが、末永く愛されるベトナムのアイコニックな料理です。
中身の具は、椎茸やニンジン、ニラ、豚肉、ニンニクなどのミックスされた餡であり、家庭でも簡単に作ることができます。

ネムチュア


筆者が個人的にオススメしたいのが、ベトナム風生ソーセージのネムチュア(Nem Chua)です。
ネムとはベトナム語で包むまたは棒状のもの全体を指す言葉であり、チュアは酸っぱいという意味です。
実はこのネムチュアは、生の豚肉を発酵させベトナム北部の特産であり、地元でも大変人気が高いおつまみです。
ソーセージの中は豚肉だけでなくにんにくや唐辛子も入っており、これをチリソースにつけて食べるのがベトナム流です。
バナナの葉葉で包んで発酵させているため、口に含むと酸っぱい味がします。
ただし、あくまで生肉系の料理になるので、お腹が弱い人は控えたほうがいいかもしれません。

ネムチュア自体はヴィンコムセンターなどのメジャーなスーパーで見かけますが、実はスーパーで買うものよりも、ベトナム人の同僚が田舎から持ってくるネムチュアが1番おいしいです。
地元の人が田舎で買ってきたものなので、明確なお店の名前や有名な店舗があるかどうかは分かりませんが、やはり商業施設で購入したものとは違う本物の深い味がします。

下記のチャンネルでは、ネムチュアの作り方が紹介されています。
Cách Làm Nem Chua Đơn Giản Tại Nhà, Chuẩn Vị Nem Chua Thanh Hóa | Góc Bếp Nhỏ

もしベトナムをビジネスで訪れる際は、地元出身の同僚にネムチュアを食べてみたいことを話してみると、機会を見て持ってきてくれるかもしれません。

フォークオン

ベトナム料理といえば米の粉でできた方が有名ですが、実は米の粉を使った料理だけではありません。
ベトナムのフォークオン(phở cuốn)という料理は、同じように米の粉を使った料理ではありながらも、生春巻きと麺料理の間のような一品です。
米の粉でできた春巻きに使われるライスペーパーよりも、ずっと熱いモチモチとした生地で牛肉や野菜などを包み、唐辛子やニンニクの入ったヌクマムソースに付けていただきます。
春巻きよりも厚い皮でできているため、食べてみると腹持ちが良く、飲み物にもよく合います
米粉作った皮なので炭水化物ですが、中にたっぷりと野菜が入っているので罪悪感も少し軽減できたような気になります。

コアイタイチエン

次にお勧めしたいのが、ベトナム流フライドポテトのコアイタイチエン(Khoai tây chiên)です。
日本のフライドポテトと少し違うのは、ベトナムではサツマイモを使った甘い味のフライドポテトが多いということです。
こちらもベトナムでは大変ポピュラーなおつまみのため、パーティーの際には必ずといっていいほど出てきます。
ちなみにコアイとはジャガイモという意味のため、覚えておくと何かと便利です。

ザオ


ベトナムのおつまみと言って定番の逸品がこちらのザオムンサオトイ(Rau muống xào tỏi)です。
ザオムンサオトイは空芯菜の炒め物であり、ニンニクや唐辛子と一緒に油で炒めて、醤油で味付けされています。
一見シンプルな料理なのですが、実はベトナムの空芯菜は、日本や他の国ではなかなか手に入らないため、ベトナムを離れて自宅で再現しようと思ってもなかなかできない料理の1つです。
こういった、現地でしか食べられないノスタルジックな味わい楽しめるのも魅力の1つではないでしょうか。
ちなみに、外国人の多いレストランでは英語のメニューがよく置いてありますが、空心菜は英語でモーニンググローリーもしくはウォータースピナッチといいます。

オック


最後にお勧めしたいのがオック(ốc)です。
オックとは小さいカタツムリのような貝で、長い竹串やようじを使って、中身を取り出して食べます
一般的な食べ方としては、このオックをレモングラスと一緒に入れて酒蒸しのようにして食べることです。
一つ一つの味は小さいながらも、味を取り出して時間をかけて食べると噛んでいるうちに満足感が出てくるため、減量中の方にもお勧めしたい一品です。
オックは夜にももちろん食べますが、天気の良い昼下がりに路面のオック屋さんで竹串を使って貝の中身を取り出しながら緑茶をすするという楽しみ方もします。