ダナングルメにチャレンジ!ローカルフードを堪能しよう!

ベトナム南部の街、ダナンでは、他のベトナムの都市では見ることのできないグルメが目白押しです。本記事では、ベトナムに住んだ経験を持つ筆者が、ダナンに訪れた際にはぜひトライしていただきたいグルメに関して解説をしていきます。

ダナンの食文化とは?

ベトナム中部の街ダナンには、年間を通して冬という季節が訪れることがありません。
そのためいつダナンにいても、常に暑いということを覚えておいてください。
この常夏の気候は、食文化にもかなり大きな影響与えています。
ベトナム北部の町のハノイなどに行くと、温かい汁が加わったフォーなどの麺料理や、温かいベトナムぜんざいのチェーなどを楽しむことができますが、ダナンではその間逆です。
熱い汁を暑い気候の中で飲むことが困難なことから、麺料理は基本的に油のまぜ麺や、冷たい麺料理、そしてデザートにはアイスシェイクなどが好まれています。

ダナンならではの麺料理、ミークアン

ダナンのグルメとして、一番有名でかつ筆者が最もオススメしたいのがミークアンです。
ミークアンとは、ベトナムの麺料理ですが、汁のないタイプの油まぜ麺であることが特徴です。麺はベトナムの他の麺料理よりも幅がだいぶ広く、きしめんのような形をしています。
ベトナム人の同僚に聞いたところ、ミークアンは東アジアの日本や中国などの国から伝わってきた麺料理にインスパイアされて作られた麺料理なので、私たち日本人にもなじみがあるそうです。
具は、ねぎやもやし、ピーナッツなどが入っているものが多いですが、ここで筆者がお勧めしたいのは、蛙のミークアンです。
蛙と言うと、日本人の方はあまりチャレンジしにくいイメージがあるかもしれませんが、実際に食べてみるとチキンとほとんど変わりありません。
ただし、チキンよりも小さいお肉のため、少し骨が多い印象があります。
日本ではあまり、蛙の肉を食べる事は無いため、ダナンに訪れたらぜひチャレンジしてみて下さい

他にもミークアンの具としては、チキンやビーフ・ポークだけではなく、エビや魚、クラゲ、スペアリブまで様々な種類があります。
全部入れたミックスもオススメです。ミークアンには必ずライムがついているので、麺にたっぷりと絞ってさっぱりと味わうことができます。

海の宝石箱!ダナンのシーフード


夜ご飯を食べる時間があれば、ぜひチャレンジしていただきたいのはシーフードです。
ダナンは言わずと知れた海辺の街の為、シーフードが大変有名です。
麺料理やチャーハン、などいろいろなシーフードの食べ方はありますが、特にオススメなのが海鮮のバーベキューです。
実は、ダナンのビーチ沿いには、バーベキュー屋さんが並んでいます。
これらの、バーベキュー屋さんでは、水槽に入ったダナンの新鮮な魚介類を指差しで注文し、お店の人がその場でさばき、調理をしてテーブルまで運んでくれます。
シーフードの種類は、新鮮なお魚、大きなエビ、見たことのない種類の貝などさまざまに渡ります。
筆者のオススメは、貝のレモングラス蒸しです。
また、新鮮な魚介類を使ったチャーハンなども、他では食べられないほどおいしいので、食事の締めには必ず召し上がっていただきたいです。
ただし、バーベキュー屋さんでの注文は、基本的に英語も日本語も通じないため、指差しや携帯を使って写真で説明するか、あるいはベトナム人の同僚に着いて来てもらうことをおすすめします。

値段はお腹いっぱい食べて、大体3000円から4000円位です。
ベトナムの物価を考えるとかなり高いですが、それでも日本で海鮮を食べるよりかは新鮮でずっと安く済むと思います。

筆者のオススメは、海外沿いにあるベーマン(Be Man)と言うお店です。
このお店は、ベトナム人の地元の同僚に教えてもらったお店のため、味はお墨付きです。
地元でも有名店で混雑するので、早い時間に行くことをおすすめします。

太陽をいっぱい浴びたフルーツでエナジーチャージ!


食事の後は、ぜひダナンのフレッシュフルーツで作った、アイスドリンクがお勧めです。
このフルーツドリンクは、ベトナム語でシントー(Shin To)と呼ばれます。
シントーにはマンゴー、パイナップル、りんご、オレンジなど様々な種類の果物が使われています。
シントーは、ベトナム全土で人気がありますが、ダナンのシントーは暑い気候で育った新鮮な果物を使用しているため、ベトナムの中でも一番おいしいものが味わえると言えます。
加えて、ダナンの物価や果物が産地直送であることを考えると、他の街で飲むよりも若干安い値段で買うことができます。
シントーは、市場や路上など様々なところで買うことができますが、地元の若者が並んでいるお店を見つけたら、買ってみると良いでしょう。