ベトナムのソウルドリンク!?ベトナムコーヒーでひと休憩

ベトナムの食べ物と食文化と言えば、フォーやバインミーを想像する人が多いです。しかし、それらと同じくらい忘れてはならないのはベトナムコーヒーです。ベトナムコーヒーは、ベトナムに人にとってのソウルドリンクであり、文化を語る上では欠かせません。今回は、そのベトナムコーヒーについて解説をします。

ベトナムコーヒーの歴史

ベトナムコーヒーにまつわる伝統は、近代の世界史において長い歴史を誇っています。
ベトナムにコーヒーが伝わってきたのは、17世紀頃だと言われています。
この文化は、西ヨーロッパからベトナムに伝わり、その後コーヒーを飲む習慣が広がっていきました。
しかし、この時代ではまだまだ多くの富裕層にしか親しまれていない習慣でした。
そんな、ベトナムのコーヒー業界に革命が起きたのが、19世紀中頃のフランス植民地時代です。
当時、フランスの植民地になったことによって、西洋的な文化を嗜むことが推奨されていました。
それに伴い、当時中南米などの地域で盛んに生産されていたアラビカ豆などの種類を中心に、ベトナムでのコーヒー豆の生産量が進みました。

元は一部の富裕層のみで嗜まれる文化でしたが、やがて時代を経て民衆にもコーヒーを飲む風習が広まり、今では全国的にベトナムコーヒーがソウルドリンクとして親しまれています。

ベトナムコーヒーの淹れ方と専用器具


ベトナムコーヒーの入れ方は、ちょっと特殊です。
コーヒーを飲む際は、専門の器具を用意します。
この器具は上がカップ状のもので下が受け皿のようになっています。
このセットを、コーヒーを飲むカップの上に設置して、上に粉を入れます。
粉を入れたら上からお湯を注ぎ、そのお湯が下に落ちるまでゆっくりと待ちます。
これだけ見ると、フィルターを使ったドリップコーヒーのようにも見えます。
この専用の器具は、街中で簡単に手に入れることができます。
ハノイであれば、ローカルマーケットで地元の人がよく使っている器具を購入することもできます。
また、日本にお土産として持って帰りたい時などは、大手のコーヒーショップなどでギフト用にラッピングのされたコーヒーメーカーセットが売っていることも多いです。

ベトナムコーヒーが味わえる場所

ベトナムのコーヒーは国内であればいたるところで飲めますが、お気に入りのカフェを見つけるのに何件も巡らなければいけません。
もちろん、筆者にもダナン、ハノイなど街ごとによってお気に入りのカフェはありますが、正直人の好みによるので最終的には行ってみないとわからないこともあります。
しかし、ベトナムの国内には個人の営んでいるカフェではなく、チェーンのコーヒー店なども存在します。
こういったコーヒー店では、スタンダードなベトナムコーヒーを提供していることが多いので、一般的な好みにマッチするケースが多いです。
そのため、ベトナムを始めて訪れる方や、出張で少し立ち寄る方などにはこういったチェーンのコーヒーショップもお勧めです。

ベトナムのチェーンのコーヒー店と言っていてまず初めに思い浮かべるのがハイランズコーヒーです。
ハイランズコーヒーは、ベトナムのコーヒー市場における最も成功したチェーン店であり、ベトナムで言うスターバックス的な立ち位置です。

ハイランズコーヒーは、海外に渡ったベトナム人が2002年に設立した企業です。
ベトナムの街は各地の発展スピードが速いことで有名ですが、ハイランズコーヒーの成功戦略としては、当時の繁華街を中心に店舗を建設するのではなく、あえて商業的に発展する可能性が高いであろう未発展の地域を中心に店舗展開をしていた点にあります。
創業者の予想は的中し、ベトナムの各地に過去20年で新しい会社のオフィスが建設され、オフィスワーカーを始めとする国内外の人に愛されるコーヒーショップになりました。

ハイランズコーヒーで味わえるのは、ベトナムの伝統的なベトナムコーヒーから、クリームやキャラメルソースがのった最新ドリンクまで多岐に渡ります。
スタンダードなベトナムコーヒーは、「カフェデン」と言えばブラックコーヒー、「カフェスア」と言えば練乳の入った甘いコーヒーが楽しめます。

また、家庭でもベトナムコーヒーをおすすめ楽しみたい方におすすめなのが、ハイランズコーヒーのお土産セレクトコーナーです。
大きな店舗には、必ずハイランズコーヒーオリジナルブランドのコーヒー粉とコーヒーを入れる専用機器が販売されています。
チェーン店のため、クオリティーもある程度担保できますし、自分へのお土産に買っていきたい方にも、家族や友人にギフトとして渡したい方にもお勧めです。
ベトナムを訪れる方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。