ベトナム北部と南部って何が違うの?食文化と建築に見る違い

ベトナムと言う国は本当に面白いことに、北部と南部でその文化が全く違うことに驚かされます。ベトナムに既にお住まいの方も、これから旅行やビジネスなどで行かれる方も、訪れる場所をよく観察するとさらに楽しむことができます。今回は、ベトナムの北部と南部の違いに関して食文化と建築に焦点を当てて解説をします。

食文化の違い

まず初めに北部と南部は食文化が違います。
ある日筆者の日本人の同僚がこんなことを言いました。
「正直、北部はベトナム料理がすごくおいしいので、日本食が恋しくならない。」
筆者はその当時、北部に住んで間もない頃だったので、ホーチミンとハノイの食の違いがあまり分かっていませんでした。
しかし、ベトナム生活が進むにつれて、ベトナムの北部はベトナム料理が1番美味しく食べられるところだということに気づきました。
例えば、北部は冬の季節があるため、スープ関係の料理の歴史が古く、どのローカル店に行ってもフォーなどのスープ料理はかなりレベルが高いです。
観光客向けのおしゃれなベトナム料理店はもちろん、地元の人から支持を得ているストリートフードにいたるまで、何を食べてもはずれが少ないです。

そのため、ベトナム人の同僚でホーチミンに住んでいる人からも、北部のベトナム料理はとてもおいしいと評判です。
これは筆者の推測ですが、北部は中国に近いこともあり、中国料理のインスパイアを受けて、オリエンタルな料理が発達していったことが考えられます。
加えて、北部の山岳地帯では気温が都市部よりも下がる事もあり、寒い気候で野菜が美味しく育つということも考えられます。

反対に南部では、外国の料理がとてもおいしいと感じます。
筆者自身、ハノイに住みながらも時々南部を訪れることがあるのですが、ホーチミンではハンバーガーやピザ、日本食などベトナム料理以外のレストランのレベルが非常に高いと感じます。
実際に、ホーチミンの日本人ストリートであるレタントン通りには、日本人のオーナーが運営するラーメン屋さんや日本食屋さんが立ち並び、日本顔負けのレベルの高い料理を出しています。

また、外国の料理に関するベトナムの地元の人の受け入れ方も北部と南部で違ってきます。
北部のベトナム人の特徴として保守的な人が多いのに対し、南部ではオープンな性格の人が多いです。
そのため、北部ではインターナショナルの料理に対して最近少しずつ心を開いてきたのに対し、歴史的にアメリカやフランスの影響を強く受けた南部では洋食なども昔から普通に食べられます。

ベトナムでビジネスを行われる方は、チームのメンバーが北部出身か南部出身かに応じて、パーティーなどの際の料理を検討することをお勧めします。

建築の違い

次に、北部と南部で違いが見られるのが建築です。
北部の町に住むヨーロッパ系の知人がよく言うことがあります。
それは、「ハノイの建築物はデザインがとても不思議で面白い。」ということです。
ハノイを訪れた事はご存知かと思いますが、ハノイの建築物はビルの窓のサイズやデザインが全て同じで、シンメトリーなものが多いのに気づきます。

実はこれは、旧ソ連の国々や、ベトナムなどの社会共産主義の勢力と強い結びつきを持っていた国に見られる特徴です。
貧富の差が出ないように建築物にも、同じ寸法、同じデザイン、同じ様式を取ることにこだわりを持っており、どこの国に行っても同じような建物を目の当たりにします
実際に、ベトナムだけでなく旧ソ連の東ヨーロッパの国々の街を歩いていても、同じようなアパートやマンションが並んでいることに気づきます。

これに対し、南部の建築は北部と全く違います。
ホーチミンは、フランスの芸術影響を受けてきたことにより、その建築も西洋風なものが多いです。


ハノイでは、隣接する建物がそれぞれ似たような形式をとっているのに対して、ホーチミンでは建物の一つ一つに個性があり、アールヌーヴォー調のデザインやコロニアル風建築が歩く人を楽しませます。
そのため、地区によってはまるでヨーロッパのような雰囲気を醸し出しているものも多いです。

教育機関の違い


最後にお伝えしたいのが、教育機関に関する違いです。
ハノイにはベトナム政府があるため、ベトナムという国に愛国心を持っている人が多いような気がします。
加えて、ハノイには国家大学をはじめとするベトナム屈指の最高教育機関があるため、まじめに働いて国のために奉仕したい希望を持つ人が多いです。
反対にホーチミンでは、ホーチミン市工科大学など地元の名門大学に通う人も多いですが、積極的に海外留学を希望する人も多いです。
ジェトロの調査によると、日本に留学するベトナム人留学生の出身地は、ホーチミン出身者が1万1,581人なのに対して、ハノイ出身者が7,752人であり、南部の留学希望者が多いことが分かります。

ジェトロ ビジネス短信
ベトナム在留日本人数が28%増、主要国で最大の伸び率
2019年12月17日
https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/12/31d84b3e8cbfdaef.html