女性を一番美しく見せる服!?ベトナムハノイでアオザイを手に入れてみよう!

日本を含むアジアの国は、季節や天候に恵まれていることもあり、そのアートのセンスが注目されています。ベトナムでも、伝統衣装のアオザイが世界からのファッション業界から高く評価されています。そのため、ベトナムを訪れる女性にはぜひアオザイ体験をおすすめします。そこで今回は、ベトナムのアオザイに関してハノイで楽しめる方法を解説します。

アオザイってなに?

アオザイ(Áo dài)とはベトナムの第一正装とされる伝統的な民族衣装です。
日本語のカタカナではよく「アオザイ」と書きますが、実はこれはベトナム北部での発音であり、ダナンなどの南の街では「アオヤイ」と言う人が多いです。

アオザイは、見ての通り中国のチャイナドレスとデザインが似ており、ベトナムの文化が中国からの影響を色濃く受けている事が読み取れます。
中国のチャイナドレスと違うのは、上下がセパレート式になっており、ワンピースタイプの上着に裾がワイドになっているパンツを合わせます。
実はこのアオザイ、着る人の体型にぴったりとフィットする、サイズを選ぶ衣装なので体型の変化などがあるとすぐに着られなくなってしまいます

そのため、ベトナムの地元の女性は、体型の変化に敏感であり、日常からヘルシーなものを食べるように心がけている人が多いです。

サイズにとても厳しいこともあり、地元の人の間ではアオザイは女性の体型を1番きれいに見せる服だというふうに、プライドを持っている人が多いです。

アオザイってどんなときに着るの?

ベトナムの第一正装としてされているアオザイですが、地元ベトナムの人はフォーマルな場所にはどこでもアオザイを着て行きます。
フォーマルな場所としてまず思い浮かべるのが、結婚式に参加する時などです。
その他にも、会社の公式のパーティー等に行く時にも着て行きます。
また、ベトナムでは旧正月(テト)のお祝いをするという文化をとても大切にしているため、毎年のはじめ日になるとアオザイを着て写真を撮ったり、家族や親戚、近所の人に挨拶に行ったりするのが決まりになっています。

アオザイをおすすめする理由

筆者自身、アオザイはベトナムの伝統民族衣装なので、日本人が着るべきではないと考えていた時期もありました。
しかし、もしベトナムに旅行で行く方や、お住まいの方がいれば絶対にアオザイを着ることをお勧めします。

理由としてまず、ヨーロッパの人に比べて日本人はベトナム人と体型が似ているので、日本人には割とアオザイが似合いやすいと言う点が挙げられます。
せっかく似合う服があるのであれば、着ないに越したことはありません。
線が細く、欧米人に比べて背の低い日本人はアオザイを美しく着こなせるという特権を持っています。

また、ベトナムではカメラマンを雇って、アオザイを着た女性が街のおしゃれなスポットや、お花畑で写真を撮ることが流行になっており、これも日本ではなかなかできない体験なので、ぜひお試し試しトライしてみることをおすすめします。

また、ベトナム人の結婚式や、新築祝いのパーティーなどにお呼ばれした際にも、日本人がアオザイを着ていくと、ベトナム文化に好意的で歩み寄ろうとしていることが伝わるので、地元の人からとても喜ばれるためお勧めです。

時間がないときにもおすすめ!アオザイが買えるお店


アオザイは意外とどこでも簡単に買うことができます。
安く手に入る場所だと、ビッグCなどの大型スーパーマーケットの、衣料品コーナーでも取り扱っています。
筆者が既製品のアオザイを買った際には、日本円にして3000円位で購入することができました。
また、こういったショッピングセンターでは、フォーマルすぎないワンピースとしても着られるようなアオザイが売っているので、日本に帰ってきてもシーンを選んでファッションとして着ることもできるのでとてもお勧めです。

せっかくなのでちょっと言いアオザイを買ってみたい方は、旧市街のアオザイストリートに行くと、ありとあらゆる色や生地のアオザイが揃っています。
こういった専門店でアオザイを選べるのも休日の楽しみです。

自分だけのオリジナル!オーダーメイドアオザイのお店

もし、時間とお金に余裕があるのであればオーダーメイドもお勧めです。
アオザイ専門店では、その道のプロの人が、腕や足などさまざまな身体の部位を測定して自分専用作ってくれます。
ハノイの旧市街は通りごとに同じ業界のお店が集まっており、ハンガイ通り(Hang Gai)という場所にオーダーメイドアオザイ専門店が集まっています。
ここではだいたい1万円前後でオーダーメイドアオザイが作れます。
カラーからデザインまですべて自分で選べるので、思い出づくりに是非おすすめです。