ベトナム進出をする時に利用できる制度とは

ベトナムには優遇税率や、法人税の優遇など雇用機会を作る会社、ベトナムの活性化に係る企業、裾野産業に対してなど優遇できる制度があります。これはエジプト政府が国の発展のために、大きな影響をもたらす外資系企業に対しての制度です。

優遇税率

ベトナムには優遇税率と減免税といった二つの優遇生制があります。優遇税率は事業内容、もしくは会社を設立した性質により、10%か20%の優遇税率が10年間、また15年間適応になります。10%税金が違うと大きいので、確認をしておくとよいでしょう。

また同じく会社を設立した地域や事業内容によって、以下の3種類の免税もしくは減税の制度があります。

その1 / 4年間免税 / その後9年間50%減税
その2 / 4年間免税 / その後5年間50%減税
その3 / 2年間免税 / その後4年間50%減税
この減免税は、課税所得が発生した期間から起算されています。

法人所得税の優遇税率の対象は、環境、エネルギー、バイオ、医療関連など地域が発展するために必要な分野の場合に対象となります。それぞれの投資内容により、10%か20%のいずれかの優遇税率が対象となり、免税期間やその後の減税も分野によって決まります。

奨励されている地域とは以下のように記されています。

2014年投資法の第16条第2項に基づき、奨励地域は次のとおり規定されている。
経済・社会的に困難な状況にある地域、経済・社会的に特別に困難な状況にある地域
工業団地、輸出加工区、ハイテクパーク、経済区
2015年11月12日付2014年投資法の一部の詳細規定および実施案内である政令118/2015/ND-CPの付録Ⅱには、奨励地域が明記されている。
引用:Jetro

さらにこれらの事業の場合は欠損金が5年まで認められています。

短期間の滞在

暦年内にベトナムに滞在している日数が183日以下の場合でベトナム法人またはベトナム国内の恒久的施設から給与の支払いがない場合は、免税の対象となります。

雇用機会を作る会社

正社員雇用の増加を進めているベトナムは、雇用機会を作る会社に対して、優遇税率の対象となるような話が進められています。このようにベトナムでは制度が頻繁に変わるため必ず定期的に確認してください。

付加価値税

ベトナムにはVATとよばれる日本でいう消費税があります。原則10%なのですが、取引内容によってはこのVATがかからない場合があります。

VATが非課税となるのは、以下のように輸出関連となります。

– 輸出品(非関税地域への販売を含む)
– 輸出サービス(外国企業等に直接提供され外国で消費されるもの、非関税地域へのサービス提供を含む)
– 国外および非関税地域での建設据付サービス、国際輸送

さらに食料や水など、生活必需品を扱う場合は、VATは5%となります。

VATが5%となる対象
水、肥料、教育助成、児童用書籍、食料品、医薬品、医療機器、畜産物、農業用の特別な機器、農産品、農業サービスなど

なおこのVATは消費税のようなものですが、事業主にのみかかるもので個人にはかかりません。

裾野産業の発展を目的とした優遇

対象となるプロジェクトや分野に対して、優遇措置の適用があります。

新規もしくは拡張製造のプロジェクト

優遇措置の対象となっているのはこちらです。
a.初めての投資または既存の事業から独立して行われる投資
b.既存の事業の拡張において、規模拡張、生産性向上、技術革新により、製造能力を20%以上向上させる新規設備や新規製造工程への投資
引用:Jetro

いかがでしたでしょうか。ベトナム政府は国の活性化に向けて、活性化に関する事業を行う外資系事業に対してさまざまな制度を用意しています。当てはまる可能性もあるので、ベトナム進出をするまえに、必ず専門家に確認をようにしてください。

法人税が免除になるなど、大きな内容であることも多いです。優遇を受けるためには、プロジェクトが行われている省の管轄当局や商工局などに証明書を発行してもらう必要があります。

ここに説明した以外にも、ベトナム国家銀行が各時期に制定する下限金利の適用や中小企業に対する土地のリース料の減免などの制度もあるので、必ず十分調べておくようにしてください。