ベトナムに向いている人、向いていない人

最近日本のテレビでもよく取り上げられているように、いまベトナムが若い世代に海外移住先として圧倒的な支持を得ています。しかし、ベトナムに関わらず海外で生活することは簡単なことではなく、いろいろな点で向き不向きがあります。今回は、ベトナム移住が向いている人、向いていない人について紹介をします。

人生本気で楽しみたい人!

まず初めにベトナムをおすすめしたいのが、人生を本気で楽しみたいと考えている人です。
確かに、日本に住んでいて不便に感じたりする事は少ないかもしれません。
しかし、最近の若者を中心に安定志向よりも人生における刺激を大切にすると言う考えが広まりつつあります。
ベトナムは日本人にとって、比較的新しいチャレンジの場であり、一度しかない人生を最大限楽しむのにベストな場所だといえます。
そのため、新しいことにアクティブにチャレンジをして、自分の人生を最大限本気で楽しみたいと考えている人には最適な場所です。
ベトナムでのチャレンジは仕事だけでなく、新しい人脈づくりや、今まで出会うことのなかった新たな価値観を持つ人との出会い、外国語に挑戦など人生を本気で楽しめる要素が盛りだくさんです!

ブルーオーシャンを開拓したい人


2つ目はブルーオーシャンを開拓したいと考えている人です。
ここで指すブルーオーシャンとは、IT、ビジネス、飲食業、エンターテイメントなど様々な分野にわたる業界で開拓されていない分野全般のことです。
ベトナムは、高度経済成長中の国のため、あらゆる領域においてまだ開拓される余地のある部分がたくさんあります。
加えて、日本を始めとする国の投資家や企業が、ベトナムのマーケット開発に対して野心的なため、これらのブルーオーシャンは遅かれ早かれ開拓されていく見込みです。
ベトナムにはまだ無いアイディアで積極的にマーケット開発に貢献した人や、企業に所属してベトナムの経済発展の歴史を共に作り上げていきたいという強い志を持った人には、理想的なチャレンジの場です。

コミュニケーションが好きな人


3つ目は、コミュニケーションが好きな人です。
日本人は、愛情を示したり他人との心の距離を取ったりするのがあまりうまくありません。
そのため海外ドラマなどを見ると、欧米人のフレンドリーな態度や率直なコミュニケーションの取り方に驚きを覚える人も多いのではないでしょうか。
その点、ベトナムはコミュニケーションが豊かな国であり、何をするにも常に家族や友達、同僚など様々な人と一緒に協力して物事を進めるのを好みます。
ベトナムに住んでいると、日本にいる時よりもコミュニケーションを活発にとり、周りと積極的に関わっていく楽しみを新しく発見することができます。
言葉や文化の壁を越えて、コミュニケーションを心から楽しむことができる人にはおすすめをしたい国です。

ベトナム文化が好きな人


4つ目は、ベトナム文化が心から好きな人です。
筆者自身、学生の時に初めてベトナムを訪れて以来、オリエンタルな雰囲気やベトナムの伝統的なデザインなどに魅せられて、この国に移住を決断しました。
日本人のみならずベトナムのデザインには多くの欧米人も注目しており、近年では様々な人が芸術的な理由で移住をしていきます。
生粋のアーティストでなくても、休日にベトナム風デザインのカフェを巡ったり、寺院巡りをしたりなどアーティスティックな観点から楽しみ方は無限大です。

筆者のおすすめは、ベトナムで多数の店舗を展開する「CONG CAPHE」です。
CONG CAPHE TRẦN HUY LIỆU店

店内の写真を見ると分かりますが、ベトナム独特のノスタルジックなデザインでデコレーションされたカフェで、ベトナムコーヒーを飲みながらお気に入りの本を読む週末は、ベトナムらしい文化を感じられる至極のひと時です。

特に、このカフェではベトナムで絶大な支持を得ているココナッツアイスクリームを載せた特性ベトナムコーヒーが味わえるので、ベトナム文化のファンの方には是非おすすめします。

きれい好きな人

ポジティブな事理由からベトナムへの移住をオススメしたい理由はたくさんありますが、残念ながらベトナムが向かない人もいます。
それは、極度に綺麗好きな人です。
ベトナムは、年々衛生関係は良くなってきていますが、まだまだストリートフードの文化や、衛生観念が比較的ゆるいという欠点も残っています。
そのため、潔癖症な人には難しい場面も多いです。
自分の住んでいる家をきれいにすることであるが自分でもできますが、残念ながらベトナムにはゴキブリなどの虫も日本より多く生息しており、なかなか完璧にきれいにすることが難しいのが現状です。
加えて、道を歩いていてもまだまだポイ捨てをする人や、ゴミの不法投棄を目にすることも多いので、こういった点でもストレスを抱える心配がある人にはあまりお勧めできない国です。