ベトナムのインターネット、SIMカード、通信機器事情

ベトナムの公共Wi-Fiって?

ベトナムに出張などビジネスの用途で訪れる方も観光で訪れる方も、まず驚くのがベトナムの公共Wi-Fi環境なのではないでしょうか。
日本では近年外国人観光客の増加を受けて、各機関が無料で使える公共Wi-Fiの設置に取り組んでいますが、その浸透度は海外に比べるとまだまだ低いといえます。
それとは反対に、ベトナムではカフェや空港、学校や会社など様々なところで公共のWi-Fiを使用することができます
そのため街のどこにいても仕事ができる環境になっているのは、ベトナムを訪れたりすることのメリットの1つだといえます。

公共Wi-Fiの使い方は、カフェなどであればドリンクを買った際にレシートが渡されるので、そのレシート記載されているワンタイムパスワードを打ち込むだけです。
特に登録などをも必要ないので、外で仕事をする際には大変便利です。

1点懸念点として挙げられるのは、公共Wi-Fiが多くの場所で使えて便利な事とは反対に、セキュリティに関する規制がまだまだ甘いことが懸念されます。
そのため、あくまでインターネット利用は汎用的な使用に留めておくことをお勧めします。

ベトナムのSIMカード事情


ベトナムのSIMカード事情ですが、実は公共Wi-Fiが無料で広く使われていることもあり、データSIMでのインターネット使用頻度はあまり高くありません。
それに加えて、ベトナムでは主な移動手段がバイクになるため、電車移動の際に携帯を使う日本のスタイルとは違い、インターネットが使用される場所は学校職場自宅など限られた場所が想定されます。
各場所には公共Wi-Fiや自宅のインターネット機器等固定の通信手段が使われているので、SIMカードは必要な時だけチャージするというのがベトナム流です。
地元の人の使用方法とは反対に、外国人はバイクなどには乗らずタクシーや車などで移動することが多いため、SIMカードでデータ利用するケースも少なくありません。
ベトナムを訪れる際は、利用に合わせて方法を選択することをお勧めします。

ベトナムのSIMカードは、民間の商店や空港などで簡単に購入することができます。
データ専用SIMと電話番号が使えるSIMカードがありますが、万が一の事や何かに登録する際のことも考えて、電話番号付きのものをお勧めします。
SIMカードのチャージは、インターネットバンクを利用して直接取り込む方法か、もしくは地元の商店でチャージしたい旨を伝えると、チャージコードを購入することができます

ベトナムシェア率ナンバーワン!ViettelのSIMを使おう

ベトナムのSIMカードでオススメの業者はViettelです。
この会社はハノイが本社にある、ベトナム最大の通信業者です。
もともとは、軍隊工業系の国営企業であり、ベトナムの通信行の歴史を作ってきた企業としても有名です。
そのためViettelの携帯電話サービスやSIMカードは、地元ベトナムの人に広く認知されています。

ベトナムにおけるViettleのシェア率はその他の通信企業であるmobiphoneやvinaphoneなどを抑えて第一です。
近年では、ミャンマーや、ラオス、カンボジアなどの東南アジアの国でもサービスを展開しており、注目の国際企業でもあります。

筆者の経験としてはベトナムの他のブランドの通信SIMを利用していた際に、建物の中から電話がかかりにくかったことがあるのですが、ViettelのSIMカードに変更してからは、通信が格段に良くなり電話等に支障をきたしにくくなったことがありました。
ベトナムの地元の人に聞いてみたところ、Viettelはベトナム国内で1番基地局数が多いため、通信もしやすいと言っていました。

デバイスはどっちが人気?? Android VS iPhone

よく東南アジアでは、iPhoneよりもAndroidの使用が高いと言われていますが、筆者の感覚ではローカルユーザーは半分半分に分かれると思います。
確かに、韓国企業のサムスンが東南アジアで最大規模を誇る工場をベトナムに位置させているので、Android端末の流通が高いのは事実です。

しかし、最近では富裕層を中心にiPhoneなどのアップル製品を愛用する人も増えてきました。
そのため、街を歩いたりカフェでお茶を飲んだりしている人を見てみると、Androidを使っている人もいれば、iPhoneを使っている人も見かけます。

加えて、ベトナム国外のシステム関連の企業が、ベトナムにiOS関係の開発発注をかけていることから、iOS及びアップル製品の認知度は決して低くないと言えます。
なお、ベトナムには公式アップルストアが無いので、アップル製品をお求めの際はFPTなどの大手リセラーから購入することになります。