日本人にとってベトナム語とは?かんたんなビジネスに使えるフレーズとは?

ベトナム語の特徴

現在のベトナム語は、フランス統治時代にヨーロッパの宣教師が普及させたクォックグーがメインの言語として使われるようになったものです。文法はSVOであることから、英語と同じ形です。そのため英語ができる人の方がベトナム語の習得も早いといえるかもしれまえん。

しかしベトナム語と英語の大きな違いは、英語には過去形があったり三単現のsがつくなど動詞が変形しますが、ベトナム語の動詞は一切変形しません。この点だけでも英語よりも勉強しやすい点があります。

このため文法自体はさほど難しくありません。

日本人にとってベトナム語とは

日本人にとってベトナム語は簡単な言語ではありません。英語や中国語、韓国語などは日本でも聞く機会があります。また中国語であれば、漢字でなんとなくイメージがわくなどなんらかの日本語とのつながりがあるのですが、ベトナム語はそういったことが全くありません。

ベトナムも以前は漢字を使っていたのですが、現在では全く使われておらず、漢字がわかるベトナム人は現在ではほとんどいません。しかし日本人にとって最も大変なのはベトナム語の発音です。

ベトナム語で難しいのは、子音は使わないアルファベットが多く母音はa、i、u、e、oだけではありません。また同じアルファベットでも母音の強弱や上げ下げによっても音が変わるためききとりにくいのです。

強弱で読み方、意味まで変わってしまうことは日本語にはないため、苦労する日本人が多いのです。実際にベトナムに数年駐在している日本人でも、発音になれず苦労している人が多いくらいです。

ビジネスにおけるベトナム語

日本人にとって、ベトナム語を習得するのは容易ではありません。
ビジネスにおいて日本語では敬語、謙譲語、謙遜語と必要になります。
しかしベトナムでは上司や目上の人に対して、英語でいうMr.のような敬称をつけるだけで敬語になります。

ベトナムに住むことになると、ベトナム語を使う機会もあるので諦めずにビジネスの席でもベトナム語をつかってみましょう。

もし仮に間違えて使っていても、必死にベトナム語を使っている姿を見ると嫌な思いをされることはあまりないでしょう。

ベトナム語で一番大変なのは、発音の習得なので積極的にベトナム語を使っていくしか習得に道はありません。

最初に覚えたいビジネスで使えるベトナム語


ビジネスにおいて、日本語や英語を使うにしてもあいさつくらいはベトナム語でしたいものです。海外に行ったとき、片言でも「こんにちは」と言われたら嬉しくないですか。これはベトナムであっても同じです。

ベトナムではおはようからこんばんはまで、chào(チャオ)を使いますがこの言葉は同僚までで目上の人に使うときはXin chào(シンチャオ)を使うようにしてください。これだけでも印象は大きく違うはずです。

またビジネスにおいて頻繁に使うのが「お世話になっています」です。この言葉はベトナムでもよく使うので、練習しておくとよいでしょう。
ベトナムで「お世話になっています」は、Cảm ơn sự giúp đỡ đang được nhậnとなります。

発音ですが、ベトナム語の勉強方法を紹介しているYouTubeが多くあります。
折角覚えた言葉でも発音がよくないと通じないことがあるので、上記のようなよく使う言葉は何度も動画で確認するようにしてください。

初心者の方のおすすめはこちらです。

いかがでしたでしょうか。ベトナム語は日本では普段触れることがほとんどない言語です。
言語自体も難しいのですが、最も苦労するのは、発音でしょう。母音が多く、強弱によっても発音が変わります

日本ではない発音も多く、折角覚えた言葉でもなかなか通じないことも、日常茶飯事のようになります。
現代ではYouTubeなど勉強する機会が多くあるので、少しでも多くのベトナム語に触れていくしかありません。

ベトナムに進出したり、ベトナム人と仕事をする場合完璧でなくてもベトナム語を理解している方が、スムーズに仕事ができるのは間違いありません。